電力自由化とは

電力自由化とは、電力会社を利用者の方が自由に選択できるようになる制度です。これまでは地域ごとに決められた電力会社としか契約できませんでした。2000年には、大規模な工場施設やショッピングモール、オフィスなどを対象とした「特別高圧」区分が、2004年および2005年には小規模〜中規模の工場施設、オフィスなどの「高圧」区分が自由化されました。そして2016年4月より電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含むすべての消費者が電力会社を自由に選べるようになりました。これにより、さまざまな企業がそれぞれの特色を生かしたサービスとともに電力を販売できるようになり、 利用者は価値観やライフスタイルに合わせて自由に電力販売会社を選べるようになります。

電力自由化前

電力自由化後

電力小売全面自由化後も、電力供給の仕組みには原則変更ありません。供給される電気は、供給地域の一般送配電事業者(地域の電力会社)の送配電設備をそのまま使用してお客様にお届けしますので、電気の品質や信頼性はまったく変わりません。また、電気の調達量が一時的に不足する事態が発生した場合も、自動的に他の電力会社様から電気が調達されるため、電力不足による停電なども起こりません。

電力自由化後も送電網は変わりません

POINT

  • POINT1

    電気の品質を落とさず低料金を実現します。まずは料金シュミレーションで電気代をご覧下さい。

  • POINT2

    切り替えのご契約に費用はかかりません。
    書類のご記入だけで切り替え完了しますのでお手続きも簡単です。

  • POINT3

    電気を送る電線や設備はこれまでと同じ地域の電力会社のものを使用します。
    電気機器をはじめ分電盤等の各種設備など、現在ご利用の機器は何ら影響なくそのままご使用いただけます。